中山芝1600の復習。高低差が5.3mある芝コースの最高地点からスター
トして2コーナーまで緩やかな下り。
外回りの向こう正面から3~4コー
ナーに向かって約4.5m下っていく。
最初の2コーナーまでの距離が240m
と短いため、外枠に入った馬は外々を回らされることが多く、特に多頭数
の外枠は不利となる。


下りをスムーズに回ってきた逃げ、先行馬が勢いそのままになだれ込むパタ
ーンが多いのだが、3コーナー手前から一気にポジションを上げて捲った馬の
アベレージも高い。すなわち、直線入り口でのポジションが大きく反映される。

とはいえ、ゴール前の急坂も忘れてはならないポイントで、オーバーペースで
坂を迎えた馬は差し馬の餌食となってしまう。

◎指名は穴馬は
同コースでオーロラフラッシュに勝った経験とマルターズ
ディオサの3着(0.3差)の経験
があり逃げる事が出来る。ペースをコントロール
出来るパターンで大穴◎に指名。◎◎は

〇指名は前に付けて33秒台の脚があるが、中山1600実績においてやや不安
がある。どのポジションで競馬させるかがポイントになりそう。名手が騎乗予定
なので心配は無いと思うがコース形態から枠順が出るまでは・・・。
〇馬はにほんブログ村 競馬ブログ 指数理論へ

▲馬は今回休み明けとなるがメンバー中NO1の末脚の持ち主。元々はデムーロの
お手馬だが騎乗未定が不安材料。コーナー手前で5~6番手で折り合えていれば
逆転ありの馬だ。☆馬は2戦2勝でまだ底を見せていない。常に前付けポジション
から抜けるパターンで中山1600m2連勝。
年明け新馬戦から3戦目成長度合いが
やや心配だが安定勢力の1頭ではある。▲と☆は