福島競馬場
七夕賞(G3)芝2000m
■コース特徴
スタンド前直線を延長したポケットからスタート。ポケットはコース
で一番高い4コーナーのさらにバンクの外側にある。

下りスタートで最初の直線が約500mと長いため、テンは1800mよりも速
くなる。向正面で馬群が縦長になりいったん落ち着くが、3コーナーか
ら再びペースがあがり、4コーナーの下りで加速して直線へ。

1800mよりも前傾ペースになりやすく、展開一つで追い込み馬が間に合
うこともあるが、やはり小回りコースで勝ち馬の中心は先行馬。先行力
があり、消耗戦に強い、渋太いタイプの馬が狙い目だ。

■出走登録馬   先行馬   逃げ馬  
先行激化で先行馬であっても縦長隊列の中団後方まであり得る混戦予想。
1 クレッシェンドラヴ 3.5

2 ジナンボー 4.0
3 ウインイクシード 6.7
4 ブラヴァス 7.3
5 マイネルサーパス 7.6
6 パッシングスルー 15.3
7 エアウィンザー 15.7
8 ヒンドゥタイムズ 18.8
9 オセアグレイト 20.3
10ノーブルマーズ 24.1
11 ヴァンケドミンゴ 32.4
12 リュヌルージュ 46.7
13 ソールインパクト 62.8
14 グローブシアター 72.5
15 アウトライアーズ 72.5
16 バレリオ 74.2
17 レッドローゼス 74.2
18 アンノートル 125.1
■有力馬
ジナンボー(牡5、美浦・堀宣行厩舎)は父ディープインパクト、母アパパネ
という良血馬。まだ重賞タイトルは無いが、昨年の新潟記念でユーキャン
スマイルとタイム差なしの2着、前走の大阪杯で0秒5差の6着など、通用す
る力は見せてきた。相手関係が楽になるここで待望の重賞勝利なるか。鞍上
はD.レーン騎手。

 クレッシェンドラヴ(牡6、美浦・林徹厩舎)は昨秋の福島記念で重賞初制覇。
また、昨年の七夕賞で2着という実績もあり、福島芝2000mに対し高い適性を
見せてきた。今回は中山金杯以来半年ぶりの休み明けとなるが、得意コースな
らいきなり好勝負を期待できるだろう。鞍上は内田博幸騎手。

 その他、福島民報杯を制したマイネルサーパス(牡4、美浦・高木登厩舎)、
新潟大賞典で4着のブラヴァス(牡4、栗東・友道康夫厩舎)、中山金杯で2着の
ウインイクシード(牡6、美浦・鈴木伸尋厩舎)、3走ぶりに芝を走るパッシング
スルー
(牝4、美浦・黒岩陽一厩舎)なども上位争いの圏内。
応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 指数理論へ